幼児向けメニュー

サッカーをはじめとして、各競技の特長に合わせた体の動かし方がありますが、基本となる動きは同じなのです。
スポーツは、9つの基本動作(走る・跳ぶ・投げる・打つ・捕る・蹴る・組む・バランス・リズム)があり、すべてのスポーツに共通しており、スポーツ科学に裏付けられたセオリーが存在します。
将来どんなスポーツをする場合にも役立つ、いわば運動神経の基本的な動きを構築できる様なプログラムを組んで教えています。

ミニハードル

- MINI HURDLE -

ミニハードルを使ったトレーニングは、様々なスポーツに重要な俊敏性・瞬発力・反射神経などのアジリティを高める効果が期待できます。

リングステップ

- RING STEP -

ケンケンパを行うことで、脳が刺激され、脳から体への伝達速度を早く、正確にすることができます。

マーカーステップ

- MARKER STEP -

フラットマーカーを使ったステップワークで、同じ色のマーカーだけを踏んでいったり、順番に4色を踏みながらステップします。

ボール転がし

- BALL -

全身を使って大きなボールを転がします。二人で転がすので思うように進めないけど子供たちが大好きな種目です。

ボール渡し

- BALL -

2人1組で背中合わせとなり、身体を左右・上下にひねって、ボールを見ながら渡して行きます。

鬼ごっこ

- ONIGOKKO -

遊びの中から、俊敏な動きで全身を使って走りまわります。

しっぽとり

- SHIPPO -

ビブスをしっぽとして、しっぽを奪い合います。遊びながら俊敏な動き・周りを見る事を覚えます。

サッカー

- SOCCER -

みんなでボールを追いかけサッカーします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。